広告 ガジェット

ランニング用のイヤホンの最適解!アンビーAM -TW01を選んだ6つの理由!

管理者

ランニング中に音楽を聴きたいんだけど、おすすめなイヤホンないかな?

ランニングということになると、周囲の音が聞こえる事や、防水性能、動いても外れ難いなど特有のニーズがあるよね?その最適解とも言えるアンビーのイヤホンでフルマラソンを完走した僕が、オススメできるポイントを解説していくね。

ぷっち

この記事で分かること

ambie (アンビー)AM -TW01がランニング用のイヤホンとして必要な条件を満たしており、安心して使用することが出来る事が分かります。

非常に快適かつ、ランニングのモチベーションを上げてくれる最高のアイテムだという事が分かります。

ランニングを楽しむ上で音楽は欠かせないものですよね?

そんな音楽を楽しむアイテムの筆頭であるイヤホン!

ただ、イヤホンとひと口に言っても様々な種類があります。

そんな中、ランニングならではのニーズを満たしたおすすめのイヤホン ambie(アンビー)AM-TW01について、実際にフルマラソンを5時間20分で完走した僕が実体験を基にレビューしていきます。

ランニング用のイヤホンを選ぶ6つのポイント

1.完全ワイヤレス

イヤホン本体

まさかヘッドホンタイプをランニングで使う人はいないと思いますが、有線タイプでも走っている時にプラプラするコードが気になってストレスになります。

ということで、「Bluetoothで接続するタイプを!」といことになるのですが、左右を繋ぐコードすらも、首を振ったりするランニングではハッキリ言って邪魔です!めちゃくちゃ鬱陶しいです。

アンビーAM-TW01は、完全ワイヤレス!左右を繋ぐコードもありません!完全にストレスフリーなのです!

僕は、左右を繋ぐコードがあるタイプも骨伝導の左右がつながっているタイプも所持して来たのですが、一度アンビーの快適さを味わったら戻れないくらい最高です!こんなやつです↓

2.周りの音が聞こえる

ランニング中にイヤホンをする際の注意点として、周りの音が聞こえる状態にしておく事があります。

周りの音をシャットダウンしてしまうノイズキャンセルタイプでは、車や自転車などの周囲の音に気づくことができず、接触事故につながる可能性があるからです。

また、レース本番では安全の観点から「片耳のみOK」もしくは「スタッフの指示が聞こえる音量」などと制限がある大会もあります。

マラソン大会本番は、本当に背中を押してくれる沿道からの声援もあるので、それを聞こえなくするのは本当に勿体無いです。

アンビーAM-TW01は、耳の穴を塞がないオープンイヤー型です。沿道の声援もバッチリ聞こえましたよ!

3.防水性能

雨の大会

ランニング中は、汗をかいたり、レース本番では雨にさらされることもある為、防水性能のあるものである必要があります。

アンビーAM-TW01は、IPX5対応となっております。

IPX5は、「3mの距離から全方向に3分間、毎分あたり12.5Lの噴流水を受けても有害な影響を受けない防水レベル」とされていますので、ランニングでかく汗や雨で濡れてしまっても、安心して使用できるでしょう。

実際に全体の8割(4時間以上)を雨に降られたレースで使用しましたが無事でしたよ!

4.ズレたり落下しない

アンビー着用

ランニングは、着地を繰り返すため、上下の振動が長時間繰り返されます。

その繰り返される振動でもズレたり、落下しないホールド感が必要です。

アンビーAM-TW01は、耳たぶに引っ掛けるイヤーカフ型のイヤホン。

耳たぶを挟み込み、耳のくぼみにフィットするので、ホールド感があるにも関わらず圧迫感がありません。

重量も片耳約4.2gと非常に軽量ですので、付けているのを忘れてしまうほど、付け心地がいいです。

5.サングラスとの相性

アンビーとサングラス
ショックスとサングラス

ランニング中にサングラスを掛ける方も多いと思いますが、僕も、直射日光による目の保護だけでなく、風雨から目を守ったり、集中力を高めたりする目的で、昼間のランニングには欠かせないアイテムです。

耳に引っ掛けるタイプのイヤホンだと、サングラスのテンプル(ツル)とイヤホンの2つが耳の上に来ることになり、非常に気持ち悪いことになります。

僕も以前、耳を塞がないタイプとして骨伝導のショックスのイヤホンをしておりました。

無くす心配もないですし、操作性もいいので気に入って使っておりましたが、ことサングラスとの相性はイマイチでした。

その点、アンビーAM-TW01は、耳たぶに引っ掛けているだけですので、耳の上はサングラスだけになりますので、全く問題ありません。

6.連続再生時間

記録表

最後に、連続再生時間。

アンビーAM-TW01は、連続再生時間 約6時間!充電ケースの併用で最大18時間使用可能)となっております。

目標をサブ5からサブ5.5として臨んだ初フルマラソンで5時間23分。

この大会に、アンビーを使用して来ました。

結論から言うと、スペック通り約6時間持ちました。

まず、右耳の音が消え、その10分後くらいに左耳も消えました。

ここで、注意点があります!

フルマラソンの平均タイムは、男性で4時間36分、女性で5時間5分とされています。

大会になると、9時のスタートだとしても、遅くても1時間前の8時くらいには現地入りすると思います。

つまり、使い始める時間に注意しないとゴールまで待ちません!

初フルマラソンで浮き足立っていた僕は、自分のタイムと連続再生時間など完全に失念し、7時15分の電車に乗るときに音楽を聴き始めてしまいました。

初めに消えた右耳は、12時30分頃、続いて左耳も消えました。

1番辛い30キロ以降の為に欲しかったBGMが、30キロ地点で消えました(涙)

ただ、使い心地は、本当に良く、沿道の応援や周囲の音も聞こえるオープンイヤー型の特性も存分に発揮し、最高のパフォーマンスをしてくれていましたので、使い方さえ間違えなければ最高のイヤホンだと言えると思いました。

まとめ

ランニング用のイヤホンとして購入したambie(アンビー)AM-TW01!

ポイント

1.完全ワイヤレス:コードも左右を繋ぐワイヤーもなし!

2.周りの音が聞こえる:耳の穴を塞がないオープンイヤー型

3.防水性能:雨でも問題なしのIPX5対応

4.ズレたり落下しない:耳たぶに引っ掛けるイヤカフ型

5.サングラスとの相性:耳たぶに引っ掛けるタイプで完璧

6.連続再生時間:6時間!電源を入れる時間には注意!

この様に、使い方さえ間違えなければ、文句なしでおすすめできるイヤホンです!

ランニング用のイヤホンを検討されている方はには、自信を持ってオススメできる商品です!

正規品をお安く購入できる方法も綴ってますので、僕のようなお小遣い制のパパは参考にしてください。

アンビーイヤホンアイキャッチ
フリマサイトでアンビーの正規品を安く買う方法!偽物を見分ける8つのポイント!

耳を塞がないオープンイヤー型のイヤホンambie(アンビー)AMーTW01 耳を塞がないため、周囲の音も聞こえるため、ながら聴きにピッタリで、ピアスのように耳に引っ掛けるタイプで、そのデザイン性の高さ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

masatalo

▶️3児の父、47歳の中小企業勤めです。 ▶️子供たちの成長や、家族との時間を大切にしながら、仕事にも全力で取り組んでいます。 ▶️このブログでは、これまでの経験やノウハウを共有し、同じような立場の方々の暮らしをより豊かにする日常生活に役立つ情報を提供します。 ▶️共感や気づきを得て頂けるような情報を発信していきたいと思っています。

-ガジェット
-, , , , ,